クロスメディア型広告とは

クロスメディア型広告とは、広告手法の一つで、複数のメディアへ広告を出稿すること。

メディアミックス(4媒体)に加えて、インターネット・スマホ等の双方向媒体やSNSに広告活動を展開すること。

従来の4媒体への広告は”露出”であり、クロスメディアは”仕掛け”と言われる。

認知から購買までの導線の仕組みが、クロスメディア型広告の特色である。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です