広告紙面比率とは

広告紙面比率とは、新聞紙面全体に広告が占める比率のこと。

割合についての、基本的に制限はない。

郵送料金が割安な「第三種郵便」の認可を受けるために比率を50%以下にする必要がある。

新聞(全国紙・ブロック紙・地方紙・スポーツ誌)の広告紙面比率の平均は約40%であり、全国紙が一番高く、スポーツ紙が一番低い。

これは、全国紙が広告媒体として一番有効であることが理由である。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です