AIDMAの法則

AIDMAの法則とは、アメリカのローランド・ホールが提唱した消費者が購買するときの心理プロセスのことで、Attention(注意)、 Interest(興味)、 Desire(欲求)、 Memory(記憶)、 Action(行動)の流れを指します。

ECサイトの興隆によりこの法則のネットでの再評価、再構築が進行中。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です