アイドマ(AIDMA)の法則

アイドマの法則
アイドマ(AIDMA)の法則とは、消費者心理のプロセスモデルについて米サミュエル・ローランド・ホールが提唱したもの。

アイドマは、

  1. Attention:注目
  2. Interest:関心
  3. Desire:欲求
  4. Memory:記憶
  5. Action:行動

の頭文字からとったもので、消費者の消費行動のプロセスを説明している。

提唱は、1920年のもので現代の消費行動には当てはまらなくなっている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です