CPAとは

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略で広告単価の指標の一つである。

Web上の広告を経て会員登録・購買行動・資料請求を行うなど、予め定めた行動(action)をとった際に、顧客獲得(acquisition)が達成されたとし、人数あたりの広告費用を算出するもの。

例えば、50万円の広告費用で1,000人の新規登録があれば、CPAは500円ということになる。

BTAとは

BTAとは、Behavioral Targeting Advertisingの略で、行動ターゲティング広告のこと。

サイトへにアクセスした人の興味関心に関連した広告を表示する手法である。

Webサイトユーザーの視聴行動履歴(閲覧サイト・検索ワード・広告への反応)により取得し、クッキーを使うことで実現している。

JIAAがBTAのガイドラインを策定している。

ASPとは

ASPとは、Application Service providerの略でアフィリエイト・サービス・プロバイダのこと。

ASPは、広告主からの依頼により広告掲載条件や広告料・支払条件を掲載し、アフリエイターを募集する。

ASP会員のサイトに掲載された広告を通じて商品が購入されると、商品購入実績に応じて会員に報酬を支払う仕組みである。

Amazonアソシエイトとは

Amazonアソシエイトとは、amazon.comが運用しているアフリエイトプログラムまたは、その利用者のこと。

利用者は、Amazon社から提供されたコードを自ブログに掲載するとAmazonサイトの商品画像が表示される。

閲覧者が、画像をクリックすることにより商品を購入すると、Amazonからサイト運営者に一定額の報酬が支払われる。

A/Bテストとは

A/Bテストとは、Webページの効果テストの一つ。

複数パターンのWebページをユーザーに操作してもらい、より最適化されたページを作成する手法である。

例えば、2通りの画像を用意し、多くの人がクリックした画像を採用するといったことが行われる。

テストの目的は、コンバージョン率を効果的に高めるため。

A/Bテストによるサイト作成は、amazon.comでも採用されている。

A8.netとは

A8.net(エーハチ ネット)とは、日本最大級のアフリエイトサイト。

2000年6月より運用を開始し、登録サイト数は130万超、広告主数は約4,000社。

運営会社は、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)の株式会社ファンコミュニケーションズ(東京・渋谷、東証第一部)。

企業が簡単・手軽にアフィリエイト・プログラムを導入できるシステムを開発し、運用代行サービスを実施している。

3PASとは

3PASとは、第三者配信のことで、一元管理された広告配信(アドネットワーク)サーバで管理する方法のこと。

従来の広告配信サーバでは、サイトA・Bに広告Cを配信する場合、AとBのそれぞれの広告配信サーバに広告Cを保管していた。

3PASでは、1つの広告配信サーバに広告Cを保管してAとBに配信する。

サーバ・サイト間では、広告の設定タグのみがやり取りされる。

ストリーミング広告とは

ストリーミング広告とは、インターネット広告の1つ。

動画技術を使ってムービーを再生させ、映像と音声を多用する広告形式のこと。

ブロードバンドの普及に伴い一般的になってきた。

テレビのCMと違って、ユーザーが見たい時見たいものだけを再生することができる。

アクセシビリティとは

アクセシビリティとは、Accessibility

「受け入れられやすさ」の意味で、ユーザビリティのひとつと言え、特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとってどの程度使いやすいかということ。

「WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)」という指針がW3Cによって提唱されていて、画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められています。

ユーザビリティとは

ユーザビリティとは、Usavility

インターネットではWebサイトの「使いやすさ」のこと。

コンテンツの構成が直感的にわかりやすく、簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスや戸惑いを感じないこと。

過去、Webサイトが見映え優先で使いやすさがやや犠牲になっていたことから最近とくに重視。

ヒット数とは

ヒット数とはページビュー(PV)と並ぶWebサイトへのアクセス(リクエスト)数を表わす数値で、ページビューがHTML文書(Webページ)へのアクセス数であるのに対し、HTMLファイルに埋め込まれた画像などの数もすべてカウントとしたもの。

例えばページに5つの画像があった場合、HTMLファイルへのアクセス1回と画像への5回が発生し、ヒット数は6になります。

アクセス数を表わす数値には他に訪問者数(ビジット)など。

PING送信とは

PING送信とは、自サイトやブログを更新するたびに大手のポータルサイトなどが運営する「pingサーバ」に自動的に更新を通知する機能。

pingサーバ(サイト)はこれを収集、リスト化し掲載してくれます。
自サイトやブログの広報、宣伝に効果的。

トラックバックもひとつのPING送信です。RSSと同様にXML記述を活用。

ビジネスブログとは

ビジネスブログとは、ブログの簡便さとWebアプリケーションとしての高機能に着目し、ビジネス用にカスタマイズしたもの。

とくに更新、管理のしやすさ、SEOSEMでの優位性、トラックバックRSSといった広報機能などを最大限に活用しようというもの。

トラックバックとは

トラックバックとはブログの普及によって広まった、リンク機能の高度化したもの。

たとえば、他のサイト(ブログ)の記事を自分のサイト(ブログ)で参考にしたことを相手に伝えたいといった場合、相手のブログに表示されているトラックバックURLにPING送信することで自動的に相互リンクが可能になる機能。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、主にWebサーバに保存されるアクセスログを解析することで、解析対象はページビューやヒット数、訪問者数、訪問者IPアドレスなど。

さらに、最新のアクセス解析手法・ツールを使うことで、訪問者の具体的な行動、たとえば、商品購入が目的なのか、資料請求なのか、情報収集なのかといった細かな解析も可能。

CPCとは

CPCとは、Cost per Click(コスト・パー・クリック)の略で、Web広告で1クリックを得るのにかかるコストをいいます。

アフィリエイトと似ていますが、マーチャント(広告主)から見た広告費としてのコストのこと。

キーワード検索とは

キーワード検索とは、多くの検索サイトではユーザーによく使用、検索される用語を集計し、キーワードランキングとして公表しています。

この高いランキングのキーワードで検索すること、またそのキーワードと会社や商品の広告宣伝を結びつけSEMを図ること。

ディレクトリとは

ディレクトリとは、本来はハードディスクなどの記憶装置にファイルを分類、整理、保管するための、階層構造(ツリー構造)を持ったアドレスのこと。

これをWeb上に敷衍したのがWebディレクトリで、Yahooなどの階層構造型の検索サイトを指します。

相互リンクとは

相互リンクとは、サイト(ホームページ)のアクセスアップを図るために、他のサイトと互いにリンクし合うこと。

他のサイトからの集客目的もありますが、被リンク数が多いほど検索エンジン(検索サイト)に登録されやすいため、SEOとしても重要。

リンクとは

リンクとは、インターネット用語としては、サイト(ホームページ)内のページからページへ、またサイトから別のサイトへつながっていることです。

HTML(Hyper Text Markup Language)のハイパーリンクと同義。

ブログのトラックバック機能はより高度化したリンク機能。

PP広告とは

PP広告とは、Product Placementの略で、本来TV番組や映画などコンテンツの中に、さりげなく商品を登場させる広告手法です。

最近ではネット上でもこの手法が広まりつつあります。

上手なアフィリエイトなどは一種のPP広告。

PR広告

PR広告とは、Pablic Relationsという正式名称が示すように、PRとは広告以前、あるいは広告を包括する用語といえます。

まずはマスコミなどに取り上げられるようにニュースとして有用な情報発信をする。
パブリシティもそれに含まれます。

パブリックなニュースの観点からスタートするのがPR広告。

RSSとは

RSSとは、RDF Site Summary(RDF:Resource Description Framework)またはRich Site Summaryの略で、サイトのニュース記事や更新情報、ブログの最新エントリーのタイトル、概要などを公開するためのXMLベースのフォーマット。

このフォーマットにより文書を公開することで、高いパブリシティ効果が実現可能。

最近はRSSを広報や広告などマーケティングに活用するweb2.0企業が増加している。

ブログ広告とは

ブログ広告とは、個人だけでなく企業にも注目されはじめているブログ

トラックバックやコメント機能が口コミ効果としての広告・宣伝手段になること、またRSSという機能が一種のパブリシティになること、さらにアフィリエイトが導入しやすいこと。

そこに注目したのがブログ広告。

ブログとは

ブログとは、ウェブログ(Web-log)の略称。

日本では2003年ごろから従来の日記サイトづくりに代わる個人サイトの作成ツールとして急速に普及。操作が簡単であること、トラックバックコメントといったコミュニケーション機能の充実が人気の理由。

2005年流行語大賞トップ10

バナー広告とは

バナー広告とは、ネット上での看板広告ともいえるバナー広告。

gif画像やjpg画像、png画像による大型小型、動的静的、さまざまな形態で流通しています。

最近はMacromedia社のflashアニメーション技術を使ったバナー広告が増加中。

テキスト広告とは

テキスト広告とは、ウェブテキスト広告ともいわれ、アクセス数の多い人気ウェブサイトやニュース系サイトに30文字前後のテキストを埋め込みリンクを添えた広告のことを言います。

広告でありながら、あたかも記事であるかのように訴求できるのがメリット。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、最近はブログへの導入が著しいアフィリエイト。

自分のブログやメールマガジンに企業サイトへのリンクを張り、ビジターがそこを経由して商品を購入したりすると、自分に報酬が支払われるというシステムで、個人サイトの副収入源として人気上昇中。

アドワーズとは

アドワーズとはOvertureのスポンサードサーチと同様、料金制(クリック課金制)のキーワード検索連動型広告サービス。

スポンサードサーチの提携メディア(検索サイト)はYahoo! JAPANやMSNが主ですがアドワーズはGoogle、Exciteが主。

Overtureとは

Overtureとはキーワード広告サービスのパイオニア。

検索結果のデータベースを各サーチエンジンに提供しており、その検索結果は、1クリックあたりの入札金額によって高いものから順に表示されます。

この方式によるキーワード広告の代行サービスがOvertureの「スポンサードサーチ」。

キーワード広告とは

キーワード広告とは、あるキーワード、たとえば自社がSEMなどで効果的と判断したキーワードを検索エンジンに登録すると、そのキーワードの検索結果が別枠で広告的に目だつように表示される。

そのようにプログラム化された広告システムをいいます。

通常はこのようなシステムを検索サイトとの提携により実現している有料の代行サービスを利用することになります。

メルマガ広告とは

メルマガ広告とは、企業発行から個人発行まで日々大量に発行されているメールマガジンですが、これを広告宣伝媒体として活用したのがメルマガ広告です。

広告媒体として出稿の対象となるのは数万から数十万の発行規模をもつ単独メルマガや連合メルマガ。

メールマガジンとは

メールマガジンとは、電子メールにより発行される新聞や雑誌のような定期購読者向けの記事メールで、発行者は企業から個人まで、また発行方式も有料、無料とさまざま。

「まぐまぐ」などを通した個人発行によるメルマガが格別に盛んなのは日本特有の現象とか。

検索エンジン登録とは

検索エンジン登録とは、インターネット上の情報を幅広くきめ細かくデータベース化しているのが検索エンジンであり検索サイトです。

これに登録されることはそれだけでも効果的な広告宣伝になります。

登録には自らすすんで登録する方法、検索エンジンの検索ロボットなどを味方にして上位に登録されやすくする方法があります。