XHTMLとは

XHTMLとは、マークアップ言語でHTMLをXMLに適合させるために定義しなおしたもの。

仕様の策定はW3C(Web技術の標準化を行っている国際的非営利法人)によって行われた。

特徴は、HTMLと違いウェルフォームド(整形式)での記述が必須で、タグの省略ができないし、タグの親子関係が正しく入れ子になっていることである。