DSPとは

2015年6月12日広告用語

DSPとは、Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略で、ネット広告において広告主の広告効果の効果的に支援するツールである。

DSPを導入することにより、広告主はPCサイト・スマートフォンサイトなどの各種ネットメディアに展開した広告を、効率的・効果的に配信し、Webを最大限に活用することが可能となる。

Posted by faxdmya