ナショクラとはナショナルクライアントの略

2014年5月11日広告用語

ナショクラとは、ナショナルクライアントの略で、自社ブランド製品やサービスを全国、または世界に向けて展開する企業のことです。

高層ビル群の夜景
PIXTA画像:高層ビル群の夜景

ここでいう企業とは、全国などの広い規模で膨大な広告費用を使い、販促や宣伝活動に注力する大企業を指す場合が多いです。
具体的に例をあげると、NTTやソフトバンク、au、アサヒ、キリン、コカ・コーラー、SONY、Panasonicなどの広く知られている会社です。

ちなみに、ナショナルクライアントに対して、範囲の狭い特定地域での広報活動をする中小企業などをローカル・クライアントと呼んでいます。
ローカル・クライアントと比較すると、ナショクラが広告にかける費用は膨大な額で、一桁も二桁も違い、新聞やテレビ、インターネットなどの広告メディアの利用も幅広いのが特徴です。

最近は、インターネットに限った広告活動が増えていますが、ナショクラの広報活動も絶えることはありません。

(この記事は2014年5月11日に掲載したものを加筆修正したものです)

Posted by faxdmya