広告代理店とは

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

広告代理店とは、広告を扱う会社の一つの形態である。

広告主に代わって広告スペースを買ったことが始まりであり、「広告」を「代理」で購入するビジネスモデルが、広告代理店の語源であるとされている。

日本の広告代理店の始まりは、江戸時代に越後屋(現:三越)が、引き札(現在のチラシに相当)を江戸全域に配布する仕事を受けたこととされている。

現在では、仲介のみならず制作も行う代理店もある。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です