広告代理店とは

2014年5月9日広告用語

広告代理店とは、広告を扱う会社の一つの形態です

広告主に代わって広告スペースを買ったことが始まりであり、「広告」を「代理」で購入するビジネスモデルが、広告代理店の語源であるとされている。

日本の広告代理店の始まりは、江戸時代に越後屋(現:三越)が、引き札(現在のチラシに相当)を江戸全域に配布する仕事を受けたこととされている。

チラシの広告
Pixabay Images チラシの広告

現在では広告を代理する範囲が広がり、広告の枠の売買だけでなく、広告戦略やマーケティングプランニングや経営そのものに対しての助言を行うケースも多くなってきている。

企業が消費者とコミュニケーションを取るその間に入る役割として広告代理店が存在しているといえる。

日本では電通、博報堂が国内のシェアを握っており、世界では5大エージエンシーグループがシェアを分け合っている。

(この用語は2014年5月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya