位置連動型広告とは携帯スマホの現在位置を利使した広告配信方法の一つ

2014年5月17日広告用語

位置連動型広告とは、携帯・スマホの現在位置を利使した広告配信方法の一つ。
ジオターゲティング、位置情報ターゲティングと通称することも多い。

GPS(全地球測位システム)や、Wifiの受信情報(どの基地局からの電波を受け取ったか)を元に位置を特定し、広告が配信される。

地域に興味がある人に向けての広告配信は、広範囲の消費者に配布されるインターネット広告より集客効果が高い。

地図と虫眼鏡
Pixabayイメージ
また、より狭い範囲のユーザーに広告を届ける手法として、Beaconと呼ばれる電波受信端末を用い、例えば特定のコンビニエンスストアに来店したひとのみにクーポンを出すなどの施策が行われいる。

位置情報を用いたターゲティングは、精度と配信できる広告の人数のバランスが重要で、各社質と量を競い合いながら現在開発途上にある領域である。

(この用語は2014年5月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya