タクシー広告とは乗降客に訴求するための広告

2005年9月10日広告用語

タクシー広告とは、乗降客に訴求するための広告で、リアーウィンドー広告、フロントシート後背部のアドケース、サイドウィンドステッカー、そしてルーフトッパー(屋上広告灯)など、規制緩和による自由化がすすむタクシー内の広告のこと。

TAXI
Pixabay images taxi

最終のタクシー車両では助手席背面にディスプレイを設置し、映像による広告訴求をするタクシーアドのシャアが増えている。
タブレット端末での表示のため内蔵されたカメラで男女を判別し、広告を出し分ける手法も登場している。

タクシーを利用するユーザーの属性は乗車位置なども加味すると特定しやすく、よりターゲティングしたユーザーに対して広告を届けることができるメディアとして注目を集めている。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin