クリテオ (Criteo) とはリターゲティング広告サービス

2014年5月13日広告用語

クリテオとはフランスのパリに本社を構えるCriteo社が運営しているリターゲティング広告サービスです。
リターゲティング広告とはサイトに一度でも訪れたことのある、ユーザーをターゲットにして広告配信ができる手法です。

リターゲティング広告はサイトに訪れたけど、離脱してしまったユーザーへ繰り返しアプローチができます。
クリテオの広告ネットワークはGoogleに次いで2位と言われており、日本のネットユーザーの約88%が目にしています。

ターゲットへリターゲティング
Pixabay画像:ターゲットへリターゲティング
クリテオの広告配信先はYahoo!・goo・msn・たべログ・はてなブックマークなどのメディアがあります。
その他にGoogleディスプレイネットワークやMicrosoft Advertisingと提携しており、配信スケールは日本最大級です。

クリテオを始めるためには自社の商品データをリスト化した「データフィード」の用意が必要です。
クリテオ側でリストに基づいたリターゲティング広告を行い、バナーの自動生成・自動配信を行ってくれます。

続いてクリテオから用意された5種類のタグを自社サイトへ設置する必要があります。
タグを設置することで、クリオテがユーザーに対してリターゲティングを行います。

広告が配信された後は商品の在庫切れ・価格変動・商品ページのリンク先を変更するなど、データフィードを最新の状態に更新しなければなりません。

古い情報のままにしておくと、ユーザーに誤った情報を配信してしまうため、自社ブランドの信用低下やコストの無駄につながってしまいます。

(このページは2014年に掲載した記事を2015年と2021年に加筆修正更新したものです)

Posted by faxdmya