ダイレクトマーケティングとは

ダイレクトマーケティング
ダイレクトマーケティングとは、通信販売から派生したマーケティング手法の一つで、ダイレクトオーダーを得る方法であり、消費者への接し方のこと。

1960年に、米・広告会社のレスター・ワンダーマンによって提唱された。

現在では、通信販売会社のみならず一般会社においても、企業がターゲットとする消費者を”個”として、消費者の趣味・嗜好に合わせた働きかけをいう。

ダイレクトマーケティングの反対に位置するのがテレビCMのようなマスマーケティングである。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です