スリー・ヒッツ・セオリーとは

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

スリー・ヒッツ・セオリー(Three Hits Theory)とは、グラグマンが研究(1972年)したもので、テレビCMの視聴者に対する有効な接触頻度に関する理論。

適切な広告露出は、回数が少なくても効果が得られるという理論。

「広告の露出頻度(Frequency)は3回目で広告のターゲットに有効な効果を示す」とした。

1回目は、これは何?
2回目は、興味を持つ
3回目は、それまでのCMを思い出す

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です