有効フリークエンシーとは

有効フリークエンシー(effective frequency)とは、広告を何回見たら商品を覚えるのかという回数のこと。

クラグマンの「スリー・ヒッツ・セオリー」で論じられたのが最初で、「有効接触頻度」とも呼ばれる。

最低限必要な”最低有効フリークエンシー”とそれ以上は効果がない”最高有効フリークエンシー”があり、その間が”有効フリークエンシー”となる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です