真空地帯理論とは

真空地帯理論

真空地帯理論とは、1966年にデンマークのニールセン(O.Nielsen))の論文によって提唱された理論仮説であり、真空地帯仮説とも呼称されている。

小売業の業態進化の仮説である。

一つの小売が成功すると他の小売も真似をし、地域の小売りがどれも同じ傾向になってしまう。

結果、取り残された潜在的需要のニーズ層をターゲットにした小売が、存在しない地域が生み出されることになる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です