カニバライゼーション(cannibalization)とは

2014年4月25日マーケティング用語

カニバライゼーションとは、自社製品が他の同機能を持った自社製品のシェアを侵食すること。カニバリゼーションともいう。カニバリと略されることもある。日本語では共食いと訳される。

ジャガイモの共食いカニバライゼーション
Pixabay画像:ジャガイモの共食いカニバライゼーション

製品間の差別化が適当にされていると起きる現象である。
また、製品の投入前にカニバリの発生予測の検証が大事である。

カニバリが発生した場合は、製品の追加・削除や販路の変更などの手段を講じる必要がある。
現代の製品において全くカニバリゼーションが起こらないことはなく、いかにその領域を減らし独自の価値を消費者に理解してもらうかが鍵となる。

(この用語は2014年4月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya