多重クロス集計とは分析手法の一つ

手書きで紙に書かれた集計表
Pixabay画像
多重クロス集計とは、分析手法の一つで異なる要素を組合せて行う集計方法の意味。

収集したデータの分析時に、単純集計ではなく属性やカテゴリ毎に集計することがデータを多面的に観察するうえで重要となる。

例えば、”男性”、”20代”、”既婚者”という要素で集計することにより、この属性のニーズやデータの構造・傾向・規則性を求めることができる。

多重クロス集計を発展させたものに多重多重クロス集計という分析手法がある。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です