カテゴリーキラー(Category killer)とは

2005年9月29日マーケティング用語

カテゴリーキラー(Category killer)とは、ある商品カテゴリーでずば抜けた品揃えと低価格販売をし、同じ商圏で同じ商品カテゴリーを扱う競合店を壊滅させるほどの力を持った小売業のこと。

台風の目
Pixabay Image:台風の目
例えばユニクロやビックカメラ、アットコスメなどである。これらの企業の登場により大手スーパーや百貨店は顧客を奪われている。

一般的には生産の集中による低価格販売がメインの戦略だったが、昨今では価格以上の質的な価値をいかに消費者を惹き付けるかが重要である。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin