キャッシュフロー経営とは

2005年9月29日マーケティング用語

キャッシュフロー経営とは、キャッシュフローとは要は事業活動による資金収支、つまり実際に資金がどれだけあるかないかを指すものだが、キャッシュフロー経営とは、会計、経理上の利益よりもこのキャッシュフローこそが企業経営の生命であるとし最重視する経営のこと。

キャッシュの芽が出て右肩上がり
Pixabay Images キャッシュの芽が出て右肩上がり
実際に手元にどれだけのお金が残っているのか、実態として何に会社のお金は使われているのか、嘘や誤魔化しなく確認することができる。

損益計算書や貸借対照表を無視するべきではないが、キャッシュ・フロー計算書を経営者が意識することでスピーディーな投資判断ができるようになる。

一般的にベンチャー企業が取り入れていたが、大企業でも取り入れられるようになっている。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin