クロスセリング(cross selling)とは

クロスセリング(Cross selling)とは、客単価向上手法の一つで、購入する商品の関連商品を勧め購入してもらうこと。

例として、ファストフードで「揚げたてのアップルパイはいかがですか」。

クロスセリングは、CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)の考え方を発展させて生まれたもの。

類義語にアップセリングがある。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です