シズル広告とは

シズル広告(sizzle advertising)とは、消費者の聴覚・味覚などの五感を刺激することにより、購買意欲を促進させる広告のこと。

例えば、ビールの栓を抜く音、グラスに注ぐ音、泡が弾ける音、キンキンに冷えたグラス、肉がジュージューと焼ける音等を使い、リアルな感覚を呼び起こすような表現を使った広告。

広告だけでなく、雑誌記事中でも「シズル感のある女性」・「シズル感あふれるデジカメ」といった表現が使われている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です