バス広告とは地域に密着したエリアマーケティング

2005年9月10日広告用語

バス広告とは、地域に密着したエリア・マーケティングの有力メディアであるバス広告。
音声による社内アナウンスCMや車内ポスター、また街を走る定期バスがそのまま “走る広告メディア”となるラッピングバスの広告形態がある。

バス車体の広告
Pixabay Images バス車体の広告
しかし乗車人数も多くなく、ターゲティングもしづらいため中々広告の開発が進んでいる領域とは言えない。
特に東京地域では2020年のオリンピックを皮切に公共交通機関のより一層の活用が進むなかで、バスの乗車費用以外の収益を見込める広告の販売はバス会社にとって重要となってくる。
今後イノベーションの余地が残されている領域といえる。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin