CTRとはクリック・スルー・レート(Click Through Rate)の略

2014年5月13日広告用語

CTRとは、Click Through Rate(クリック・スルー・レート)の略で、広告がクリックされた割合(クリック率)のことをいう。CTRの計算式はクリック数÷広告表示回数×100(%で表示するため)となる。

例えば、10000人にメール広告を送信して300人が商品リンク(もしくは広告枠)がクリックした場合、CTRは3%となる。

スマホ画面をタップ
PIXTA画像:スマホ画面をタップ

Click(クリック)を目標に広告活動をした場合CTRの値が高いほど、ユーザーが広告に反応したことになり、広告効果の高い広告または、効率の良い広告と判断される。

CTRを上げるには、効率的にクリックを取ることができる広告媒体を選び、ユーザーがクリックをしやすい広告の内容を広告し、掲載面を戦略的に選択していく必要がある。クリックをしてほしいユーザーの行動や興味関心をしっかりと想像し考え、それぞれ最適に取捨選択をしていく必要がある。

(この用語は2014年5に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya