ファックスのダイレクトメールfax-dmとは

fax一斉送信、fax一斉配信、fax同報サービスと呼ばれ、大企業中堅企業さんが支店販売店特約店営業所などへの業務連絡として利用されておりましたが、2002年頃から法人営業の新規開拓営業方法としてfaxでダイレクトメールを流す事からfax-dmと呼ばれるようになりました。

2006年頃からは、新規参入送信代行業者も増えてきておりそれだけfax-dmマーケティングの需要が高まってきたと言えます。2017年のハガキ値上げでさらに増えてきました。

faxdmのメリット

メリットとして日本全国業種分類別法人fax番号リスト470万件から、扱う商品やサービスに最も適した見込み顧客へ競合他社には知られずに安く早くすぐに情報が伝わる点。着眼率開封率はおそらくほぼ100%

チラシ広告10円配布3日、ハガキ60円封書80円郵送3日、メール広告10円、ネット広告クリック待ち、電話営業1日500件ですが、faxdmは7円か10円、5000社へ一斉送信30分前後。

faxdmのデメリット

デメリットとして受信者様のfax用紙やトナーや時間を許可なく勝手に使用しますので、5000社へ送信で5件前後はクレームがあります。それ以上に迷惑だなーと思っている受信者様は多いと思います。

日本全国全業種で過去のクレームや受信拒否先70万件15%前後蓄積されてまして、過去のクレーム先へは自動除外されて一斉送信されます。