STP分析とはコトラーのマーケティング理論

2014年4月21日マーケティング用語

フィリップ・コトラー教授のマーケティング理論として有名なのがSTP分析です。
市場を細かく分け、対象となるターゲット層を絞り込み、同業他社との競争優位性を確立することがマーケティング戦略にとって重要だと論じてます。

現在のマーケティングは顧客の志向が重要であり、STP分析は欠かすことのできないマーケティングの基本です。
STP分析の走りですが、アルフレッド・スローンの成功事例を紹介します。

1923年~1937年の間、GMの社長を務めたアルフレッド・スローンは「顧客セグメンテーション」を提唱しました。
「多品車種量産」という生産スタイルをとることで、GMは業界トップとなりました。

所得階級によって車へのニーズが異なることに、スローンは注目して市場を細分化しました。
また製品を差別化することで自社の立ち位置が明確化になり、GMは業界トップという成功を得たのです。

他との差別化
Pixabay画像:他との差別化
高級感に的を絞り成功した事例として、スターバックスを紹介します。

100店舗出店という偉業を3年で成し遂げたスターバックスは、1995年に日本に初上陸しました。おしゃれ・高級感・居心地の良さ・美味しいコーヒーといった他のチェーン店とは異なる魅力が、スターバックスの快進撃につながりました。

大都市や地方主要都市といった都市部に絞って出店したことで、おしゃれな店としての認識を消費者が持つようになりました。会社の上層部など社会的地位の高い裕福な層を利用者として的を絞ります。

デザイナーなど専門性の高い職業も会社員も、居心地の良い空間で共に過ごせる高級感ただよう雰囲気づくりにも力を入れました。

(このページは2014年に掲載した記事を2015年と2021年9月に加筆修正更新したものです)

Posted by faxdmya