STP理論とは

stp理論

STP理論とは、フィリップ・コトラー教授によるマーケティング理論。

STPは、Segmentation(セグメンテーション)・Targeting(ターゲティング)・Positioning(ポジショニング)の略。

市場を細分化(Segmentation)し、ターゲット層を絞り(Targeting)、競争優位性(Positioning)を確立することが、マーケティング戦略にとって重要だと論じている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です