コールドコール(cold calling)とは

コールドコール

コールドコール(cold calling)とは、展示会等で得たリストにアポイント電話をすること。

自社の製品やサービスに興味を持っていないかもしれない相手に冷たくあしらわれる(コールド)ことを承知で営業を行うこと。

日本では、迷惑の意思表示をする相手に2度目の電話をすると特定商取引法第17条の取り締まり対象となる。

元々の意味は、セールスマンのアポ無し・突撃訪問営業を指していた。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です