パーミッションマーケティングとは

yesの札
pixabay画像
パーミッションマーケティング(Permission Marketing)とは、消費者に事前に承諾を受けてから行うマーケティング活動の意味。

承諾を受けているので成約率が高く商談がスムーズに運ぶことが多い。

また、会社と消費者(また会社)との間に長期に渡って友好関係を結ぶことができる。

例として一般的なのは、オプトインメール(opt-in mail)である。

2018年から、btoC向けfaxdmもオプトインFAX(opt-in fax)が施行される予定。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です