サービス消費とは

2014年4月25日マーケティング用語

サービス消費とは、消費者が物(車・家電・衣服等)ではなく、サービスに対してお金を支払うこと。

サービス消費の主なものは、理髪・エステ・旅行・スポーツ観戦・観劇・預金などがある。
景気の動向と密接に関係があり、安定した売上維持が難しいとされている。

画面に描かれたservice
Pixabay Images 画面に描かれたservice
フィリップ・コトラーは、サービスの特徴を4つに分類している。
1. 無形性
2. 非分離性
3. 多様性
4. 消滅性

現代では一般消費財のような製品を売るビジネスから、よりサービス消費に寄せた考え方をした商品が市場に受け入れられる傾向がある。

その理由は様々あるが、製品の生産能力に大きな差がない現代ではいかに購買者と企業が密な関係を築き、長期的なコミュニケーションを元に消費を促すことが寛容であるためである。

(この用語は2014年4月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya