サービス消費

サービス消費とは、消費者が物(車・家電・衣服等)ではなく、サービスに対してお金を支払うこと。

サービス消費の主なものは、理髪・エステ・旅行・スポーツ観戦・観劇・預金などがある。

景気の動向と密接に関係があい、安定した売上維持が難しいとされている。

フィリップ・コトラーは、サービスの特徴を4つに分類している。

  1. 無形性
  2. 非分離性
  3. 多様性
  4. 消滅性
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です