市場浸透価格戦略とは

市場浸透価格戦略

市場浸透価格戦略とは、新製品の価格設定戦略の一つでシェア確保・認知度浸透を目的とする。

日用雑貨、家庭用品、加工食品のような低価格製品の発売時に用いられることが多い。

価格に敏感な主婦を取り込めてマーケットシェアを確保することができる。

発売初期時に開発費用の回収ができなくても、シェアを確保することにより長い期間、利益を得続けることができる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です