4Cとはマーケティング活動を定義分析

2014年4月21日マーケティング用語

4Cとは、1990年にロバート・ラウターボーンがマッカーシーの4Pを購買者視点に置き換えて提唱したもので、自社もしくは他社が行うマーケティング活動を定義・分析する際に用いられる概念です。

4cとは
pIXTABAY画像

以下の4つの頭文字から4Cと名付けている。
1. Customer value(solution):顧客価値
2. Customer cost:顧客コスト
3. Convenience:利便性
4. Communication:コミュニケーション

4Cはマッカーシーの4Pと対応しており、Product(製品)に対して顧客は価値を感じ、Price(価格)に対してコストを意識し、Place(流通)に対して利便性を測り、Promotion(プロモーション)を通じてコミュニケーションが行われる。

購買者視点で自社もしくは他社が行っているマーケティング活動をどのように取られているのか認識する助けになる。

(この用語は2014年4月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by faxdmya