フォード効果とは小売業の構造変化

商品陳列された小売店舗
Pixabay画像
フォード効果とは、イギリス・経済学者フォード(P.Ford)によって提唱された小売業の構造変化に関するモデル。

フォードは、英国の小売店の店舗数の推移と購買層の所得とニーズから一定の法則を導き出した。

主なことは、購買層の所得が増加すると店舗密度の増加をもたらすということ。

近年の日本における、小売店舗数の減少・増加は必ずしもフォード効果では説明できない部分があるとされている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です