One to Oneマーケティングとは顧客一人一人

2005年9月29日マーケティング用語

One to Oneマーケティングとは、マスマーケティング偏重に対してしっかりと顧客一人一人を意識したマーケティング活動が必要であるという考え方から生まれている。

1人1人へマーケティング
Pixabay画像
インターネット広告やCRMなどが盛んになり、より親しまれている手法である。

消費者や顧客ひとりひとりの嗜好やニーズ、購買履歴などに合わせて、ひとりひとりに提供する情報や応対内容を変化させて展開するマーケティング活動。

インターネット上で例えば会員登録などをして、その会員に対してメールマガジンを送る、季節によってクーポンを出すなどをすることでOne to Oneマーケティングが可能となる。

しかし一般消費財のように本当に顧客ひとりひとりと対話をしようとすると現在のテクノロジーでは難しく、マスマーケティングとの共存が必要になる。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin