チラシ広告とは印刷媒体としてはもっとも手軽で低コスト

2005年9月11日広告用語

チラシ広告とは、印刷媒体としてはもっとも手軽で低コスト、そしてもっとも身近な広告・宣伝手段です。「ビラ」や「フライヤー(flyer)とも呼ばれ、A3サイズからB5サイズが一般的。

主な用途は、街頭での配布、ポスティング、店頭などでの掲示や陳列配布、折込広告など。

チラシの広告
Pixabayイメージ
新聞の発行部数が下降傾向にあるなか、折込チラシの活用も曲がり角にある。しかしながら全国に店舗をもつ小売店はいまだに折込チラシを積極的に活用している。

スマートフォンの利用者が増えているためアプリをチラシの代わりに活用し、浸透を狙う場合が多いが、地方でのアプリ利用率を鑑みると当面はチラシの活用も多くあることが予想される。
未だに折込広告の年間広告費は4000億を超える市場となっている。

(この用語は2005年9月に掲載した記事を加筆修正したものです)

Posted by admin