fax送信エラーの原因

fax送信エラーの原因として、fax番号間違いや用紙切れ、受信拒否やfax使用中、音声ガイダンスや電話fax兼用で人が出たなどで、業種により10%や20%前後のエラーが予想されます。

エラー先には10分後に自動リダイヤルを行っております。3回以上はクレーム発生や着信数変動が少ない為合計2回に固定しております

fax送信エラー率10%前後

大企業や中堅企業、役所や学校など、移転や倒産の少なそうな比較的大規模な送信先、予想エラー率12%を最初に差し引いて先払いでのご請求としております。

  • 音声ガイダンス2%(移転しました・現在使われておりません・受信拒否ガイダンス)
  • 電話の可能性2%(電話fax兼用で人が出た・fax番号間違い・留守電・切り替えfax)
  • 迷惑fax受信拒否4%(faxdm屋への受信拒否先とfax一斉送信会社へ受信拒否先)
  • 話中・呼び出し応答なし2%(fax使用中・用紙切れ・受信トーン険知なし・電源抜け)

fax送信エラー率20%前後

飲食店や美容院、歯科医院や治療院など比較的小規模な店舗系、予想エラー率22%を最初に差し引いて先払いでのご請求としております。

  • 音声ガイダンス4%(移転しました・現在使われておりません・受信拒否ガイダンス)
  • 電話の可能性4%(電話fax兼用で人が出た・fax番号間違い・留守電・切り替えfax)
  • 迷惑fax受信拒否8%(faxdm屋への受信拒否先とfax一斉送信会社へ受信拒否先)
  • 話中・呼び出し応答なし4%(fax使用中・用紙切れ・受信トーン険知なし・電源抜け)

エラー分について

移転やfax回線新設により、指定業種ではないデータも0%~2%含まれてる事があります。

迷惑fax受信拒否先はfax送信代行会社ではなく自社内(御社)から送信ですと半分は着信されます

クレーム先番号をご連絡頂けませんか。再度ご利用頂く際はデータ料10%差し引き致します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です