標的市場設定とは

標的市場設定

標的市場設定とは、会社がマーケティング活動を行う対象とする市場のこと。

フィリップ・コトラーは、市場設定に3つあるとしている。
・無差別型マーケティング
・差別型マーケティング
・集中型マーケティング

商品の規格により最適な市場設定をおこなうことで効果的なマーケティング活動が達成できる。

近年は、ニーズの多様化により差別型マーケティングが効果が高くなっている。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です