パワー・コンフリクト理論とは

パワー・コンフリクト理論とは、チャンネルのメンバー間の関係を分析するもので、L.W. スターンによって提唱された。

パワーとは、チャンネルを制する力で、資本や専門性を意味する。

チャンネルとは、ポジションを指し、メーカーと販社、小売店と専門店などである。

コンフリクトの原因は、目標が一致しない、役割・権利・義務が不明確といった場合がある。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です