イノベーター理論とは

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

イノベーター理論とは、社会学者エベレット・M・ロジャースのイノベーション普及理論(Diffusion of Innovation Theory、1962年)のこと。

新製品が発売されたときの消費者は3つに分けられるとしている。

1.最初に新製品を買う人(イノベーター、人口の10%) 2.1.に続く人 3.世間に行き渡った時に買う人(60%)

広告は、人口の10%に対して行えば費用・時間を節約することができるという考えがある。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です