1:5の法則とは

2014年9月13日マーケティング用語

1:5の法則とは、マーケティングの重要な法則の一つで、新規顧客獲得に掛かる費用のこと。

新規顧客を獲得し商品・サービスを販売するコストは、既存顧客に比しての5倍必要になるという法則がある。

新規顧客にかかる費用が高いことにより利益率が低くなることから、既存顧客の維持がより重要となる。

マーケティング戦略において、新規顧客の開拓と既存顧客の囲い込みの比率を的確に設定することが必要である。

Posted by faxdmya